不要な家電の処分は買取業者へ売るのがオススメ

不要な家電の処分は買取業者へ売るのがオススメ

家電

綺麗にする

家電も機械なので汚れが溜まります。掃除しないでそのままにしておくとホコリかぶったり、目に見えないゴミが付着します。そうすると故障する恐れがありますし、見た目もよくありません。買取をお願いしても査定額が大きく下がってしまうか、もしくは買取を拒否される可能性があります。そのため日頃から綺麗に掃除をしておきましょう。

付属品も保管する

購入した時についていた取扱説明書やコード、箱や緩衝材なども一緒に査定に出すと高く売れる傾向にあります。家電を購入したら、家電本体以外も捨てずに大切に保管しておきましょう。長期間保管すると取扱説明書や箱に黄ばみなどが出る可能性があるため定期的にチェックするとよいと思います。

専門の業者へ売る

総合的なリサイクルショップへ買取りをしてもらうより、家電を専門的に扱っている店舗の方が高く買い取ってもらえる可能性があります。専門業者であれば家電に関して幅広い知識を持っているので、査定対象の家電の「キズの有無などの現在の状態」「製造メーカー」「販売された日にち」などから現在どれくらいの価値があるのか的確に判断してくれます。

家電を店舗まで運ぶのが面倒

買取りしてほしい家電がたくさんあったり、冷蔵庫などの大型家電であったりなどの場合、京都の自宅から店舗まで運ぶのにとても手間がかかります。そのような時は出張買取を利用するとよいでしょう。専門スタッフが自宅へ訪問してくれますので、運ぶ手間が省けて便利です。

家電を出張買取してもらう時のフロー

連絡

インターネットなどで、自身が住んでいるエリアを管轄している買取業者を探します。買取業者を見つけることができたら、電話やメールで依頼をしましょう。この連絡時に品物の内容や出張してほしい日時を伝えます。

訪問

専門のスタッフが自宅へ訪問します。当然のことながら、希望日時には自宅にいるようにしましょう。自宅がわかりずらい場所に位置していましたら、事前に目印やルートを業者へ伝えておくとよいと思います。

査定スタート

買取希望の品物の査定を開始します。可能であればスムーズに査定ができるように品物を事前に並べておくとよいでしょう。付属品や箱も残っていればそれらも全て並べましょう。そうすれば専門スタッフの手間や時間がかからずに査定をすることができます。

契約成立

スタッフが品物の状態を確認して査定額を提示します。そして何故この査定額なのか理由も教えてくれるはずです。金額に納得がいったら買取の契約が無事成立です。もし納得がいかなかったら遠慮せずに伝えましょう。

支払い

無事買取の契約が成立しましたら、その場で専門スタッフから査定金額分の現金が支払われます。すぐに家電を現金化できるためとても便利です。なお業者によっては銀行振込での支払いに対応してくれます。銀行振込を希望する場合は事前にホームページなどで対応しているかチェックしておきましょう。

広告募集中