要らなくなったものは不用品回収業者へ回収してもらってスッキリ

不用品回収業者を選ぶ際のポイント

  • 自治体の許可を得ているか確認
  • 見積書を発行してくれるか確認
  • 料金が相場とかけ離れていないか確認

産業廃棄物と一般廃棄物の違い

産業廃棄物

燃え殻や廃油、廃酸や廃プラスチック類など事業活動をするうえで発生した政令で定める全20種類の廃棄物のことを産業廃棄物と呼びます。この廃棄物の処理や処分をするためには専門の業者へ依頼する必要があります。

一般廃棄物

一般家庭から排出されるごみや、産業廃棄物以外の廃棄物を一般廃棄物と呼びます。一般的には自治体によって定められた分別の仕方で分別をして所定の場所に置けば処分してくれますが、種類によっては不用品回収業者に依頼すれば処分してくれます。

要らなくなったものは不用品回収業者へ回収してもらってスッキリ

作業員

不用品回収業者が活躍するケース

いらない物を処分したい時に便利な不用品回収業者ですが、様々なシーンで活躍します。伊丹の不用品回収業者の代表的なケースですと、まずゴミ屋敷でのごみの処分をすることが挙げられます。テレビで見かけたことがある方もいると思いますが、ゴミ屋敷と言えば足の踏み場もないほど物で溢れかえってしまいどこに何があるのか分からない状態です。このまま放置してしまうと虫が湧いたり悪臭を放つようになり近隣住民に非常に迷惑をかけてしまいます。このような時に不用品回収業者へ依頼すれば、たとえ大量に物が溢れていようと、適切な方法で処分をしてくれます。また業者によっては回収以外にも掃除までしてくれるところもあります。

引っ越し

引っ越しの準備をすると、意外といらない物が多くなりがちです。引っ越しの理由は進学や転勤などが多いですが、このよう時期はとても多忙です。引っ越しの準備の際に出た不用品を自身で処分するとなると何かと手間もかかりますし時間もかかるため、引っ越し当日までに処分が間に合わないこともしばしばあります。かといって不用品を引っ越し先に運ぶとしても費用がかさみます。不用品回収業者へ依頼すれば、引っ越しにかかる費用を抑えることもできますし、何より手間がかかりませんので余裕を持って引っ越し当日を迎えることができます。

遺品整理

家族や親族が亡くなった際に悩むのが遺品整理です。遺品の中には思い出深いものもあると思います。もしどうしても捨てきれないものがあれば無理をせずに大切に保管し、不用品だと分かれば不用品回収会社へ依頼をすれば回収してくれます。品物によっては買取をしてくれますので、回収にかかる費用をカットすることができます。遺品の回収をお願いしたい場合は、遺品の回収の実績がある業者へ依頼するようにしましょう。業者のホームページにて遺品の回収を対応してくれるか記載していますので、チェックするようにしましょう。もし記載していない場合は電話やメールで問い合わせをすればよいと思います。

オフィスの不用品回収

一般のお客さんだけでなく法人向けにも対応しています。日々業務をしていると、不要になった事務用品や機密情報が記載された書類が溜まりがちです。このような時に不用品回収業者へ依頼すれば大量に溜まった不用品をまとめて処分してくれます。そして遺品の回収対応の時と同様に品物によっては買い取ってもらえますので、費用の削減ができます。溜まった不用品を放置しても保管場所に困りますし、保管スペースから溢れてしまい業務スペースにまで不用品が溢れかえってしまうと業務自体に支障が出てしまう恐れがありますので、定期的に業者へ依頼するとよいでしょう。

広告募集中